◆ 取り付け家具
【アトリエ エフ】 では、工務店等との提携により建物の新築やリフォームの工事段階で、製作した家具を取り付ける(施工)取り付け家具も行っています。位置付けとしては家具と言うよりは建築物の一部としての意味合いが強いと思います。

デザイン面において、通常の家具はインテリ性が高いのに対し取り付け家具は機能性が重視されます。また、通常の家具と違う点として、採寸がとにかくシビアなことです。建物のあらゆる場所(床の間、押入れ、デッドスペースのような凹な場所)に隙間なく収めなければなりません。

建築物は設計図と現物とでは多少寸法が違ってきます(人間が作るものですので・・・)。そのため設計図はあくまで参考程度に、実際の寸法は現場できめ細かくサイズを測ります(現場調査)。例えば、壁一面に本棚を取り付けるような場合、同じ部屋内で天井の高さが場所により数ミリ違うなんてことも、よくあります。そういったことを考慮して製作しなければならないことと、取り付け時は本当に寸法通りに収まってくれるかどうかいつも緊張して神経をすり減ら思いをすことが取り付け家具の最大の特徴です。




会員専用ページ
ログイン



はじめてのお客様へ

新規会員登録はこちら
カテゴリー
リビングテーブル
ダイニングテーブル
デスク
その他テーブル・デスク
チェア・ソファ
キャビネット
アクセサリー
その他
取り付け家具
グループ
カントリー家具
アンティーク家具
子供用品
カート
カートを見る
おすすめリンク
RSS ATOM